様々な美容ケア全般に関する情報やお悩み解決ノウハウを掲載しています。

menu

ケアブログ

大腸癌の検診

大腸癌の検診には、肛門部分から細い管の先についたカメラを挿入して、腸の内部を見る内視鏡検査があるようです。
この大腸癌検査を、お笑いタレントが出演するテレビ番組で、私は見たことがあります。
肛門部分からカメラを挿入するときは大変苦痛を伴うようですが、一旦カメラが入ってしまえばそれほど大腸癌検診は苦痛に感じないように思います。
このテレビ番組で大腸癌検診を受けていたお笑いタレントも、挿入するときは「うっ」とか「げっ」とか言っていましたが、いざ腸までカメラが入ってしまえば、普段どおりに会話をしていました。

大腸癌の検診には、便を採取して、その便に血液が混じっていないかを見る検診もあるようです。
腸内に大腸癌ができていると、排便時に腫瘍部分から出血して便に血が混じるのだとか。
この大腸癌の検診は苦痛や食事制限をすることなく、便を採取するだけで受けることができるようです。
ですから大変手軽にできる大腸癌の検診なのではないでしょうか。
便を採取して調べる大腸癌検診で陽性と診断が下ったら、不安がらずに精密検査を受けるようにしましょう。
そして大腸癌の検診には、口からカメラを挿入する内視鏡検査もあるようです。
大腸癌は検診によって早期発見することができれば、治る病気なのだとか。
そして大腸癌を早期発見するには、この内視鏡検査がもっとも良いとされているようです。
小さい大腸癌も見つけることができるので、人間ドッグで精密検査を行うときは、この内視鏡検査が用いられることが多いのだとか。
検診で大腸癌でも小さいうちに見つけることができれば、開腹手術を行わずに内視鏡で除去することもできるようです。

大腸癌の検診に関する情報が、インターネット上にはたくさん寄せられています。
そして、現在、ネットを活用すれば大腸癌の検診を自宅で行うことのできるキットを購入することができるようです。
便を採取して大腸癌を検診するというもので、自分の便を採取して郵送すると検査をしてもらうことができるのだとか。
検診の結果はメールや電話などで教えてもらえるようですから、とても手軽に大腸癌の検診を受けることができるでしょう。
腸の具合が悪く大腸癌かもしれないと思っている方は、このキットを活用してみてはいかがでしょうか。
早期に見つければ大腸癌は治るようですから、検診を上手に活用して健康維持に役立てましょう。

関連記事

コメントは利用できません。