様々な美容ケア全般に関する情報やお悩み解決ノウハウを掲載しています。

menu

ケアブログ

大腸癌の早期発見

大腸癌は早期に発見することができれば治る病気のようです。
ですから定期的に検診を受けて、早期に大腸癌を見つけることが重要だと思います。
大腸癌の早期症状には、自覚が無いことが多いようです。
痛みなどがないために、大腸癌が早期の状態で病院へ行くという患者は大変少ないのだとか。
便に血が付いていたり、便が細くなっても、痔などでも同じ症状が見られるようですから、早期の大腸癌というのは見逃されがちのようです。
ですから定期的に検診を受けることは大変重要で、大腸癌を早期で見つけることができれば、自分の肛門を残しての手術もできると思います。

大腸癌を早期で見つけるための検査ですが、腹部エコーや内視鏡検査、便の検査などがあるようです。
お笑いタレントがテレビ番組で内視鏡検査を受けているところを、私は見たことがあります。
管の先に小さいカメラが付いていて、その管を肛門から挿入して大腸癌の検査は行われます。
管を肛門から挿入するので大腸癌を早期発見するための内視鏡検査は、検査の前から食事制限をしなければならないようです。
検査はカメラを肛門から入れるときは大変苦痛を伴うようですが、一旦入ってしまえば大腸癌の内視鏡検査はそれほど大変ではないと思います。
お笑いタレントも、肛門からカメラが挿入されるときは「ウッ」「ゲッ」と声を上げていましたが、いざカメラが腸まで届くと、普通に会話をしていたように覚えています。
大腸癌の早期発見検査の腹部エコーは、産婦人科でお腹の赤ちゃんを見るために使われるエコーと同様のもののようです。
私もお腹に赤ちゃんがいるときに腹部エコーを受けたことがありますが、お腹に透明のジェルを塗り、その上からエコーを充てて滑らす感じでお腹の内部を見たように覚えています。
そして大腸癌を早期発見するための検査には、便に血液が混ざっているかどうかを見るものもあります。

大腸癌を早期発見するための検査についての情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
そして、ネットを使うと自宅で大腸癌を早期発見するための検査キットを購入することができるようです。
自宅で大腸癌を早期発見するための検査キットは、便を採取するという検査になります。
自分の便を自分で採取して郵送して送るだけで、大腸癌の早期発見検査を受けることができるようです。
忙しくてなかなか病院へ行けないという方は、ネットを活用して大腸癌の早期発見検査キットを手に入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。