様々な美容ケア全般に関する情報やお悩み解決ノウハウを掲載しています。

menu

ケアブログ

大腸癌の初期症状

大腸癌の初期症状ですが、患者さんの話を聞くと自覚症状が無かったという方が大変多いようです。
私は以前大腸癌になったという方々が出演しているテレビ番組を見たことがありますが、みなさん口を揃えたかのように自覚症状は無かったと答えていたのを覚えています。
そして大腸癌初期症状から少々進むと、便が細くなった、オナラの臭いが臭い、便に血がついているという自覚症状が現れてくるようです。
ただ、便が細くなったというような初期症状ぐらいでは、実際のところ腸などに痛みがありませんから大腸癌を疑う人はいないのだとか。
大腸癌患者が綴っている闘病記では、初期症状の自覚は無く、熱が続いたので病院へ行ったと書いている方もいます。
また、初期症状の段階を少々過ぎたぐらいから腸に痛みが走ったりして、病院に駆け込んだ大腸癌患者もいるようです。
ですから大腸癌を疑ったら早めに病院へ行くのはもちろんのこと、初期症状を見逃さないためにも定期的な検査は必要かもしれません。

大腸癌の検査方法には、便を採取し、その便に血液が混ざっていないかを調べる検査もあるようです。
このような便の検査なら苦痛もありませんし食事を制限する必要も無いようですから、大腸癌を初期症状の段階で発見するためにも受けてみてはいかがでしょうか。
ただ、便の中に血液が含まれていないかどうかを調べるだけなので、確実に大腸癌かどうかを診断できないようです。
それでも大腸癌になった方の約30パーセントがこの便検査で、初期症状の段階で癌を発見しているのだとか。
大変手軽に受けられる検査のようですから、大腸癌かもしれないと悩んでいる方は、一度受けてみると良いと思います。
また、大腸癌の初期症状を実感していなくても、40歳になったら検査を受けたほうが良いとされているようです。
腸にしこりができていることを外から見ることはできませんから、ある程度の年齢に達したら大腸癌検査は受けたほうが良いでしょう。

大腸癌に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
初期症状の段階で大腸癌を治療すれば治る確率も格段に上がるようですから、気になる方はネットで情報を収集してみると良いと思います。
大腸癌の初期症状に似ている病気も、たくさんあるようです。
便に血がつくという大腸癌の初期症状は、痔の症状に似ているのではないでしょうか。便秘と下痢を繰り返す大腸癌の初期症状は、過敏性腸症候群の症状に似ていると思います。
大腸癌は自分では判断つきにくいものですから、初期症状のうちに治療を開始するためにも、病院で検査を受けましょう。

関連記事

コメントは利用できません。